Copyright © Shinso Gakuen All Rights Reserved.

​探究会

探究会について

 2013年1月会長先生より、しんそう療方の「術」に関する勉強会の構想が伝えられました。2014年から2年の準備期間を経て、2016年4月しんそう学苑の新事業として探究会を開始致しました。

 しんそう療方は、現在、大坂会・東京会・整骨会・京都会の4箇所で研修会を行っています。これらの研修会では、順番・形・格好を基本とし反復練習を行うことで「技」を身につけて、研修を続けることで、患者さんを相手にしんそう療方を行うことができるようになります。これまで通りしんそう療方を学ぶために、研修会は大変重要な位置づけであると考えています。

 

 その上で、長年しんそう療方を学んでこられ、引き続き技術の取得に励まれている研修生を対象に、探究会独自の物差しでしんそう療方を探究し勉強する場を提供したいと考えました。

 会長先生の手は柔らかく自在でした。会長先生はどのような世界を観ていたのか、探究会では、しんそう療方の原点である中心軸を保ち、そのクオリティを後生に保存継承発展していくことを目的とし、皆さんと一緒に少しでもその世界に近づけるように取り組んでいきます。

探究会の目的

しんそう療方全体の継続年数での評価とは別の評価として、探究会に所属している会員に対し、独自の技術評価基準である段位制度の導入を行います。誰の目にもわかりやすい技術評価を導入することで、技術習得に必要な内容が明確になり、研修や勉強のモチベーションに繋がります。

1)技術評価の確立

HYDRA

しんそう療方を継続して研修し、技能の継承に取り組んでいただきます。組織として啓蒙活動ができるような人材を育て、拡げていきます。それらを含め、循環するシステムの確立を目標にしています。

2)人材育成システムの確立

SANTORINI

しんそう療方の組織としての明確な段階的技術開放、手技ビデオライブラリーの開放、永年に亘る会長先生の直筆ノートの開放が可能となります。これらによるしんそう療方の技術探究を行い、しんそう療方をしんそう士の中に遺し繋いでいきます。

3)しんそう療方の技術探究保存

MYKONOS